FAQコーナー よくあるご質問


Q: 本人にガンであることを告知していないのですが、回復とともに注射をいやがるようになりました。どうすればいいでしょうか?
A:
ガンという病気の特性からして回復したように見えても再発・転移することがありますので、回数を少なくしても続けた方がよいでしょう。本人の性格にもよりますが、告知せずに治療を継続することは告知すること以上に難しいことがあります。本人が病気を自覚して積極的に治療に取り組むことが望ましいと考えられます。
FAQ番号[35]
ページのトップへ▲

丸山ワクチン
Copyright (C) 2003 THE RESEARCH INSTITUTE OF VACCINE THERAPY
FOR TUMORS AND INFECTIOUS DISEASES
NIPPON MEDICAL SCHOOL