FAQコーナー よくあるご質問


Q: 「A」「B」2種類の薬があると聞きましたが、どう違うのですか?
A:
丸山ワクチンは無色透明の注射液剤で、AとBの二種類があります。成分は同じですがBの濃度はAの10分の1になっています。通常はAとBを交互に皮下注射します。ただし、患者さんの病状によっては、AのみまたはBのみの処方が適していることもありますので、そうした場合は処方をA・BからA・AまたはB・Bに変更する場合もあり得ます。
FAQ番号[6]
ページのトップへ▲

丸山ワクチン
Copyright (C) 2003 THE RESEARCH INSTITUTE OF VACCINE THERAPY
FOR TUMORS AND INFECTIOUS DISEASES
NIPPON MEDICAL SCHOOL