FAQコーナー よくあるご質問


Q: 丸山ワクチンは誰がどのようにつくったのですか?
A:
丸山ワクチン(SSM=SpecificSubstanceMARUYAMA)は1944年、皮膚結核の治療薬として誕生しました。ワクチンの生みの親である故丸山千里博士(元日本医科大学学長・1901〜1992年)にちなんで後に丸山ワクチンと呼ばれるようになりました。皮膚結核に対して驚くべき効果をもたらしたこのワクチンは、ハンセン病の皮膚障害、発汗障害、神経障害にも効果を上げました。

皮膚結核やハンセン病の治療に打ち込むなかで、あるとき、この二つの病気にはガン患者が少ないという共通点が見つかりました。このようにして、ガンに対するワクチンの作用を調べる研究が始まりました。

1964年の暮れ、丸山は実際のガン治療にワクチンを用いることを決意し、知り合いの医師にワクチンを使ってみてくれるように依頼しました。そのうちに、あちこちの医師から「ガンの縮小がみられる」などの報告が届くようになります。なによりも驚いたのは、ワクチンを打った末期ガンの患者さんの中に、ガンと共存して何年も元気に暮らす人が現れるようになったことです。

「ワクチンを使えば、人がガンと共存できる道が開けるのではないか?」丸山は、体からガンを排除する従来の治療法ではなく、ガンを体内に宿したまま生きる方法もあると確信し、こうしてワクチン療法によるガン治療が始まりました。 
FAQ番号[1]
ページのトップへ▲

丸山ワクチン
Copyright (C) 2003 THE RESEARCH INSTITUTE OF VACCINE THERAPY
FOR TUMORS AND INFECTIOUS DISEASES
NIPPON MEDICAL SCHOOL